Google AdSenseの審査に合格しました😊

2018年5月27日

「Google AdSense」はウェブサイトに広告を掲載して収益を得ることができるGoogleが提供する広告配信サービスで広告の内容はその時の最適なものを表示してくれるようになっています。

ただ、登録すれば広告を掲載できるわけではなく審査が必要なのでそのことについて記事にしました。

合格するとくるメールに載ってあるポップコーンの画像です。

少し前の記事で「ドメインを取得してURLが変わったあとにしたこと」という記事で書いたように独自ドメインを取得したので「Google AdSense」をやってみようと思って申請してました。

私が書ける範囲で流れを書いていきたいと思います。

合格までの時間

  1. 2018年5月12日にドメインを取得しURLの変更をしました。
  2. 2018年5月12日の夜(11時頃?)にGoogle AdSenseの申請をしました。
  3. 2018年5月23日の朝8時に合格通知のメールが届きました。

日付から見ると11日ですが、ほぼ10日で合格できたみたいです。

ブログの状況

申請したときのブログの状況

  • 運営期間は2016年6月23日からですが後でもう少し詳しく書きます。
  • アクセス数は、1日のユニークアクセス数が30人くらい
  • 記事の文字数は、最低で50文字程度 最高で13000程度 平均は1000文字くらいだと思います。
  • 記事数は34で申請しました。
  • 忍者AdMaxという広告配信サービスを審査中も貼っていました
  • Amazonアソシエイトや楽天アフィリエイトなども貼っていました

運営期間ですが、このブログでの記事の初投稿が2016年6月23日ですがそれから1年くらい放置していました。

そのあとちょびちょびと更新していましたが今年から頑張ってますが記事の投稿間隔が結構空いてしまってる感じです。だいたい、1週間~10日間くらいです。

合格時のブログの状況

大きく変わったのは「Google AdSense」の審査期間(11日間)の間に記事を3つ書きました。
それ以外は特に何もしていないです、もう少しブログに慣れて更新頻度もあげたいと思っています。

Google AdSense以外の広告配信サービスを利用していたので少し心配でしたが問題ありませんでした。

プライバシーポリシーを合格後に書きました。

Google AdSenseの登録

「Google AdSense」はGoogleのサービスなのでGoogleアカウントが必要なので用意しておいてください。
Googleアナリティクスと連携できるので同じアカウントがいいと思います。

独自ドメインが必要で、無料ブログだとSeesaaやBloggerが大丈夫なようです。

オンライン ビジネス – ウェブサイトの収益化 | Google AdSense – Googlehttps://www.google.com/intl/ja_jp/adsense/start/)の「お申し込みはこちら」から登録申請できます。

Google AdSenseを利用するウェブサイト、メールアドレス、メールを受け取るかなどを入力・選択していきます。

氏名や住所などの登録に必要な情報を入力してページを進めていくと広告コードを<head>と</head>の間に貼り付けてくださいと指示されるので貼り付け「完了」をクリックします。

貼り付け方は、利用しているサービスによって違ってきますがWordPressの場合はテーマの「header.php」にあると思います。

「アカウントの有効化」と表示され審査が始まるようです。
私の場合は11日間、この画面でした。

審査が不合格の場合はGoogle AdSenseにログインすると再申請の画面が表示されていると思うのでサイトを改善して2週間くらいしてから再申請すると良いそうです。

合格するために

以下のページが今のところ最も信用できて参考になる情報だと思います。

審査に合格する為のサイトの作成方法と再審査の注意事項 – Google プロダクト フォーラムhttps://productforums.google.com/forum/#!topic/adsense-ja/zAe9Zl_AEjM

私がブログを始めてから気にしていたことは画像のライセンスです。
それ以外はあまり気にせずにのんびりと更新してきたので何が良かったとかをアドバイスできそうな部分がないので、上記の記事を読んでみて なるほどと思いました😊

サイトやブログのコンテンツの内容は『AdSense プログラム ポリシー – AdSense ヘルプ』の禁止コンテンツに気を付けながら書くことが大事だと思います。

上記のページから引用すると以下のようなコンテンツが禁止コンテンツですが詳しくは引用元を参照してください。

Google 広告が掲載されるページには、以下を含めることはできません。

  • ポルノ、アダルト、成人向けのコンテンツ
  • 衝撃的なコンテンツ
  • ご自身や他者を脅したり、危害を加えるよう促したりしているコンテンツ
  • 個人または個人で構成される集団を中傷、威嚇、攻撃しているコンテンツ
  • 人種、民族、宗教、障害、年齢、国籍、従軍経験、性的指向、性別、性同一性など、組織的な人種差別や疎外に結び付く特性に基づいて、個人または集団の排斥を促したり、差別を助長したり、誹謗したりしているコンテンツ
  • 過度に下品な言葉使い
  • ハッキングやクラッキングに関するコンテンツ
  • 望ましくないソフトウェアのポリシー(英語)に違反するソフトウェアやコンテンツ
  • 不正なソフトウェアやアドウェア
  • 違法な薬物や麻薬関連製品に関するコンテンツ
  • 絶滅危惧種から作られた製品を宣伝、販売、広告するコンテンツ
  • アルコール飲料のオンライン販売
  • タバコやタバコ関連商品の販売
  • 処方薬の販売
  • 武器および兵器や弾薬(銃火器、銃火器のパーツ、戦闘用ナイフ、スタンガンなど)の販売
  • 授業や講義の課題や提出物の販売、配布
  • ユーザーに報酬を提供することで、広告や商品のクリック、検索、ウェブサイトの閲覧、メールの閲覧を促すプログラムに関するコンテンツ
  • その他の違法なコンテンツ、違法行為を助長するコンテンツ、他者の法的権利を侵害するコンテンツ

また、主なコンテンツに AdSense 未対応の言語が使われているページで AdSense コードを使うことはできません。

AdSense プログラム ポリシー – AdSense ヘルプ

Google AdSenseに合格後

以下のリストの順に記事を書いていきます。

  • Google AnalyticsとGoogle AdSenseの連携
  • 広告の設置
  • 「Google Publisher Toolbar」による誤クリック防止

Google AnalyticsとGoogle AdSenseの連携

Google アナリティクス – モバイル、プレミアム、無料のウェブサイト解析 – Googleにログインします。

左下の歯車(菅理)のアイコンをクリックします。

真ん中の列のサービス間のリンクの中から「AdSense のリンク設定」をクリックします。

「コンテンツ向け AdSense」を選択して「続行」をクリックします。

「▼」となってる部分をクリックして「すべてのウェブサイトのデータ」にチェックを入れて「リンクを有効化」をクリックしたあと
「完了」をクリックすると、Google AnalyticsとGoogle AdSenseの連携が完了です。

広告の設置

合格後に届くメールが最初に載せたポップコーンの画像ですがそのメールのリンクからページを開いたところから書いていきます。

[広告の設定]をクリックします。

画面の左側の「広告の設定 → 広告ユニット → 新しい広告ユニット」をクリックします。

以下の画像のように作成する広告の種類を選択してください と表示されるので設置したい種類の広告をそれぞれのヘルプを参考に選択してください、今回は「テキスト広告とディスプレイ広告」で記事を進めていきます。

名前は設置場所などを入れておくとレポートで収益を確認してあまり成果が出ていない場所から設置場所を変えたりするための判断するために使えたりするので便利です。

広告サイズは設置場所に合わせて選択すれば大丈夫ですが、レスポンシブにしておくとパソコン・タブレット・スマホといった閲覧者側の端末に合わせたサイズの広告になります。

広告タイプは「テキスト広告とディスプレイ広告」を選択しておくと大丈夫です。
テキスト広告は文字でディスプレイ広告は画像のようなイメージです。

テキスト広告のスタイルは好みのデザインを選択すれば大丈夫です。

カスタム チャネルは よくわからないので「Google Adsense カスタムチャネル」などで検索してみてください。

表示可能な広告がない場合にどうするかですがそのままで大丈夫です。
何か目的がある場合とかに変更すればいいと思います。

設定が完了したら「保存してコードを取得」をクリックすると広告を表示するためのコードが出てくるのでコピーして表示したい場所に貼り付けると広告が表示されて完了です。

表示されるまで少し時間がかかるかもしれません。

貼り付ける方法は、ブログサービスによって場所が違ったりするので「Google Adsense (ブログサービス) 貼り付け」などで検索してみてください。(ブログサービス)には利用しているブログサービス名を入れてください。

WordPressの場合はテーマによって違いますが「外観 → ウィジェット」から貼り付けられるテーマもあります。

私が使っている「Luxeritas Theme | SEO最適化、レスポンシブ、高カスタマイズ性、とにかく速い、無料の WordPress テーマ」というテーマはアドセンス用のウィジェットがあったり、ウィジェットの表示場所もたくさんあるのでWordPressを使っている場合はおすすめです。

広告を設置するときに誤ってクリックするような場所に設置したり、広告のクリックを誘導するような言葉を書いたりするのは禁止されているので気をつけてください。
広告の上に表示できるラベルも「スポンサーリンク」や「広告」は大丈夫ですが、他のものはダメだったりします。詳しくはAdSense プログラム ポリシー – AdSense ヘルプのクリックの誘導という項目に載ってあります。

自動広告

他にも「自動広告」という機械学習によって自動で最適な場所に広告を設置してくれるものがあって、審査時に貼り付けたコードと同じ場所(タグの中)に貼れば自動で広告を設置してくれるので便利です。

文章の量によって多くしたり少なくしたり、コンテンツによって最適に設置してくれます。

少し配置する場所が変だったりする部分もありますが、よくなっていくと思っています。

設置手順は「広告の設定 → 自動広告」をクリックします。

「開始する」をクリックします。

自動広告で設置する広告の種類を選択して次に進むとコードが表示されるので審査時に貼り付けたコードと同じ場所(タグの中)に貼り付けます。(私の場合は審査時のコードとここに表示されているコードは同じコードのようでした。)

コードを貼り付けたら「完了」をクリックすれば終わりです。

「Google Publisher Toolbar」による誤クリック防止

以下の引用のように自分で設置した広告をクリックしたりすることは禁止されているので「Google Publisher Toolbar」を導入することがおすすめです。

サイト運営者様がご自身の広告をクリックしたり、手動または他の方法で表示回数やクリック数を作為的に増やしたりすることは禁止されています。

AdSense プログラム ポリシー – AdSense ヘルプ

「Google Publisher Toolbar」はGoogle Chromeというブラウザの拡張機能なのでパソコンにインストールが出来てない場合

パソコン版 Chromehttps://www.google.co.jp/chrome/index.html
からインストールしておいてください。

他のブラウザのものは記事を書いた時点で見つけられませんでした。

以下のページをGoogle Chromeで開くと「Chrome に追加」とあるのでクリックします。

Google Publisher Toolbar – Chrome ウェブストアhttps://chrome.google.com/webstore/detail/google-publisher-toolbar/omioeahgfecgfpfldejlnideemfidnkc

「Google Publisher Toolbar」を追加するかの確認がされるので「拡張機能を追加」をクリックします。

アドレスバーの右側にある「Google Publisher Toolbar」のアイコンをクリックして、Google AdSenseの設定をしていきます。

Google AdSenseの部分にある「有効化」をクリックします。

「Google にログイン」と表示されるのでGoogle AdSenseを利用しているGoogle アカウントでログインして「アクセスを許可しますか?」と問われるので許可してください。

Google AdSenseを自分で誤ってクリックしないようにGoogle AdSenseを設置しているページを開いてから アドレスバーの右側にある「Google Publisher Toolbar」のアイコンをクリックすると画像のようなものが表示されるので「広告オーバーレイ」をONにします。

[ON]と緑で表示されていれば大丈夫です。

この方法以外にも「歯車 → サイト」から設定しても同じように設定ができます。

「広告オーバーレイ」をONにすると以下の画像(加工しています)のように緑色のオーバーレイ(緑色が広告の上に重なっているように見える)が表示されるようになります。

この状態で広告をクリックしてもカウントされなくなります。
クリックすると他にもページに合わないと思った広告をブロックしたり、広告の詳細が見れます。

別記事にGoogle アナリティクスの連携方法も書きました。

最後に

Google AdSenseに合格したばかりであまり知識がないので、色々とわかったら記事にしていこうと思います。

合格ということでまだスタートラインですが、やっぱり嬉しいです😊

記事下の広告以外は自動広告を利用していますがしばらく様子をみていきたいと思ってます。