ドメインを取得してURLが変わったあとにしたこと

2018年5月16日

ドメインを取得したので、URLが「tsoft-web.com/mlpv」から「tomatocomet.com」に変わりました。
変更後に必要だったことをメモしました。

他にも気づいたことがあれば教えてもらえると嬉しいです。

転送設定

WordPressを利用している方でプラグインなどを利用する方法は「wordpress 301 リダイレクト」やApacheを利用している方は「.htaccess リダイレクト 301」などで検索してみてください。

私が借りているサーバースペースの「TSoft Server」はMicrosoft WindowsのWEBサーバーのIISというソフトなのでweb.configに転送の記述をしました。

web.configというファイルを作成して下の「old\.com/」と「http://new.com/」の部分を書き換えて保存して必要な場所にアップロードします。
「old\.com/」の「\」はそのままにして書き換えてください。

私の場合はルートディレクトリ(最上位の階層)に設置しました。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<configuration>
    <system.webServer>
        <rewrite>
            <rules>
                <rule name="OldtoNewRedirect" stopProcessing="true">
                    <match url="(.*)" />
                    <conditions logicalGrouping="MatchAny" trackAllCaptures="false">
                        <add input="{HTTP_HOST}{REQUEST_URI}" pattern="^old\.com/.*" />
                    </conditions>
                    <action type="Redirect" url="http://new.com/{R:1}" redirectType="Permanent" />
                </rule>
            </rules>
        </rewrite>
    </system.webServer>
</configuration>

うまく転送できてるかは「http://ohotuku.jp/redirect_checker/」を使うとわかりやすいです。

転送元のURLを入力し[Check!]をクリックしうまくできていると「301リダイレクト設定をしています」と表示されると思います。

WordPressの設定

「設定 → 一般」のWordPress アドレス (URL)とサイトアドレス (URL)という項目を変更します。

プラグインを使って記事などのURLを変更

「Velvet Blues Update URLs」というプラグインを使って記事などのURLを置換することができます。
書き換えが行われるので、事前にバックアップなどはしておいてください。

Velvet Blues Update URLs — WordPress プラグイン

インストールして有効にして「ツール → Update URLs」をクリックします。

このプラグインはわかりやすいです。

「Step 1」とあるのでその項目を入力します。

  • Old URL → 元のURL
  • New URL → 変更後のURL

「Step 2」とあるので必要な項目にチェックを入れます。

  • URLs in page content → 投稿や固定ページなどで「Step 1」で設定したOld URLをNew URLに置換
  • URLs in excerpts → 抜粋で「Step 1」で設定したOld URLをNew URLに置換
  • URLs in links → リンク(WordPress 3.5で削除されたもの?)で「Step 1」で設定したOld URLをNew URLに置換
  • URLs for attachments → メディアライブラリにアップロードしたものを「Step 1」で設定したOld URLをNew URLに置換
  • URLs in custom fields and meta boxes → カスタムフィールドとメタボックスで「Step 1」で設定したOld URLをNew URLに置換
  • Update ALL GUIDs → 開発サイトが使う機能のようです。GUIDs(特有のID)を更新するという意味みたいです。

基本的には画像で囲っている部分、上から5つのチェックを入れれば大丈夫です。

Step 1とStep 2を設定したら「Update URLs NOW」を押すとデータベースの置換をしてくれます。

参考 サイト URL の変更 – WordPress Codex 日本語版

Google アナリティクスやSearch Consoleのアドレス変更

Search Consoleは、私はうまくできなかったので「Search Console アドレス変更」などで検索してみてください。

新しく追加だけしておきました。

Google アナリティクス

Google アナリティクス にログインして左下の歯車マークをクリックします。

真ん中の列の「プロパティ設定」をクリックします。

デフォルトの URLという項目を新しいものに変更します。

保存をクリックします。

右の列の「ビューの設定」をクリックします。

ウェブサイトの URLという項目を新しいものに変更します。

保存をクリックします。

これでGoogle アナリティクスの変更は完了です。

Amazonアソシエイト

アソシエイト・セントラル – アソシエイトお問い合わせフォームログインした状態だと件名から「アカウント情報の変更、登録URLの追加など」という項目があるのでこれを選択して問い合わせてURLの追加や変更を行います。

メールが送られてくるので指示通りに進めていくと大丈夫です。

楽天アフィリエイト

アフィリエイトを始めるなら! 楽天アフィリエイトにログインして右側に「今月の成果情報」の下のほうに「サイト情報の登録」から変更できます。

iTunes アフィリエイトプログラム

iTunes アフィリエイトプログラムからログインして右上の歯車のアイコンをクリックします。

パブリッシャーをクリックします。

ウェブサイトという項目があるのでクリックして追加したり変更したりしてください。

SNSや他のサービスに載せたURL

TwitterやFacebookのプロフィールなどのに載せてあるURLを変更しておきましょう。
それ以外にも元のURLを載せているWEBサービスなどの変更も忘れないように変更してください。

他にも自分で運営しているサイトや何か販売や配布をしている場合にReadMeなどのURLの変更をしておきます。